那須塩原観光局公式サイトでは、那須塩原市の名物・名所、日帰り温泉に宿泊施設、各種体験など総合観光情報をご紹介。

那須塩原市カテゴリー

那須塩原市の歴史

明治の元勲が愛した由緒ある土地として、歴史ある建造物が多くあります。
塩原温泉郷は、皇族ゆかりの地であり、文豪たちも多く泊りました。
板室温泉は、古くから湯治場として知られており、下野の薬湯と呼ばれています。
 
明治の元勲が愛した那須野が原
明治の元勲が愛した那須野が原▲明治の元勲が愛した那須野が原那須野が原は元々水資源に乏しく農地には適さない地域であり、江戸末期まではほとんど集落のない原野でしたが、明治政府の殖産興業政策により、那須野が原の飲用水や灌漑用水確保のための日本三大疎水である「那須疎水」が整備され、那須野が原に華族や有志による大農業が展開されました。

松方別邸▲松方別邸■松方別邸
明治36年に建てられた木造二階建ての洋館で松方正義の別邸。
千本松牧場から外観のみ見学できます。
那須千本松牧場ホームページ
旧青木家那須別邸▲旧青木家那須別邸■旧青木家那須別邸
明治21年に建てられた青木農場を開設した青木周蔵の別邸。
明治時代に活躍した建築家「松ヶ崎 萬長」の作品で、国の重要文化財です。
旧青木家那須別宅ページ

 
乃木希典那須野旧宅▲乃木希典那須野旧宅■乃木希典那須野旧宅
明治25年に乃木将軍は自ら設計して農家風の質素な別邸を建てた乃木希典の別宅。
近くに乃木別邸記念館があり、自害する前に奥様に宛てた手紙などが所蔵されています。
乃木希典那須野旧宅ページ
大山参道▲大山参道■大山参道
大正5年「大山巌」が没した際に墓所が設けられ参道が整備されました。
参道は、宮内省技師「山本直三郎」が設計しています。
大山参道ページ

 
皇族・文豪ゆかりの塩原温泉郷
塩原御用邸の天皇の間▲塩原御用邸の天皇の間天皇の間記念公園は、明治、大正、昭和の三代にわたり、大正天皇、昭和天皇をはじめ高松宮殿下、三笠宮殿下など多くの皇族の方々が避暑地として訪れ、利用された「塩原御用邸」の「天皇の間」を昭和56年に現在の場所に原型のまま移築し保存してあるものです。

和泉屋旅館▲和泉屋旅館尾崎紅葉、夏目漱石、谷崎潤一郎、与謝野晶子など、有名な文豪が塩原温泉郷に宿泊している。特に、金色夜叉の主人公である間貫一が宿泊した地として有名です。

下野の薬湯の板室温泉
下野の薬湯の板室温泉▲下野の薬湯の板室温泉古くからの湯治場として「下野の薬湯」と呼ばれています。板室温泉神社には、温泉で療養し回復した方々の要らなくなった杖が納められており、「杖いらずの湯」と呼ばれています。

  • 一覧に戻る